スマホが水没した時の対処法

>

水没したらやってはいけないこと

ショートしないように

まず落ちたスマホを拾ったら、本体をやわらかいタオルなどでていねいに拭きましょう。ほとんどの方が電源が入った状態で落としていると思いますので、まず電源を切りましょう。電源が入ったままだと内部に入った水分で電子基板がショートしてしまう可能性があります。
スマホカバーをつけている場合は、カバーをはずしてください。そしてSDカードとSIMカードを取り出して水分を拭き取ります。もしダメになってしまうと大事なデータがなくなってしまうので、気をつけてください。カードスロット部分に水滴が残っていたら、ていねいに拭きましょう。
ヘッドホン端子やスピーカー、Dock端子の水分も拭き取ってタオルの上などで乾かしましょう。次に考えることは、点検・修理に出すことです。

キャリアの修理の流れ

スマホを修理にどこに出そうと考えたときにまず思いつくのは、スマホを購入したキャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)のショップかメーカー(iPhoneならApple)です。
キャリアに修理を出す流れは、店舗に持って行くか電話かインターネットで修理を申し込むと代替機を店舗で受け取るか送られてくるので、水没したスマホを店舗で渡すか送ります。約1週間から2週間後、修理が完了したスマホを店舗に受け取りに行くか送られてきます。そして代替機を返します。どんなに早く見積もっても約1週間はかかります。この流れを聞くと手続きがめんどくさいし、時間がかかてしまうと感じる人もいるでしょう。データも代替機に移さないといけません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ